×
Struers logo

Wrong username or password

Print page よくあるご質問 お問い合わせ Japan Japan / Japanese

Metalog Guide X (DiaPro)

装置のディスクサイズを選択してください

試料作製法の詳細

試料作製法番号: 2739
以下のドキュメントをダウンロード:

これらの試料作製法はあくまで参考用です。

全ての作製法は一般的な方法で、以下の基準に基づき設計されたものです: 30mm径の試料片6個を160mm径の試料ホルダーにクランプします (MAXCY) 。

研磨

  手順  PG FG 
  表面 SiC Foil #320MD-Largo
  砥粒タイプ DiaPro Allegro/Largo 9 µm
  潤滑剤タイプ Water
  速度 (rpm) 300150
  フォース (N)/試料片 3035
  ホルダー方向 >>>>
  時間 (分) 01:0005:00

琢磨

  手順  P 
  表面 MD-Mol
  砥粒タイプ DiaPro Mol R 3 µm
  潤滑剤タイプ
  速度 (rpm) 150
  フォース (N)/試料片 25
  ホルダー方向 >>
  時間 (分) 03:00

作製法に関する注釈

PG Time: As needed.

この試料作製法は標準的装置構成向けに設計されたものです。

お使いの装置向けの試料作製法調整方法については、Preparation Parameters (作製パラメータ) を参照ください。

平面研磨 (PG) 手順向け作製時間はサンプル状態、および個別試料片を作製するかあるいは試料片ホルダーに固定されているかで大きく異なります。最初の手順後にサンプルを確認し、必要に応じて再試行してください。

この作製法に関連する製品

製品番号 製品名
40500077 ログインして価格をチェック
40600393 ログインして価格をチェック
40400204 ログインして価格をチェック
40500097 ログインして価格をチェック
40600369 ログインして価格をチェック

ログイン

パスワード
パスワードをお忘れになった場合
Digital Catalouge